CAS No.1799411-80-5

2,2'-ジアリルビスフェノールA ジアリルエーテルの過酸化水素によるエポキシ化反応生成物

ショウフリー®BATG

ペンタエリスリトールテトラアリルエーテルの過酸化水素によるエポキシ化反応生成物の図

BATGは芳香環を有するため高耐熱性を有します。
また、同じ芳香環に隣り合った2つのグリシジル基を持つため高い反応性を有します。

特長

高耐熱性 剛直骨格 高架橋

含有塩素量

<50ppm

物性情報

スクロールできます
BATG BisA-EP 測定方法
茶色~褐色
茶色~褐色
無色~淡黄色
無色~淡黄色
目視
エポキシ当量(g/eq) 120~128 177 滴定法
エポキシ基化率 (%) 90< 96
粘度(mPa・s) 30℃ 112,000 4,000* E型粘度計
120℃ 100 20*
含有塩素 (ppm) <50 >900 イオンクロマト

*代表値 室温で放置すると結晶化

硬化物特性

硬化物特性

従来品に比べて高いTgを示し、高強度化が可能です。

耐熱性

耐熱性

硬化条件 EP/Phenol = 1/0.95
触媒 = PPh3 (1wt%)
150℃ 1h + 200℃ 2h

機械特性

BATG BisA-EP
曲げ強度 [MPa] 136 85
曲げ弾性率 [GPa] 21 21

+ シリカフィラー 80 wt%

※ここに掲載されている情報は、現時点における真実かつ正確と考えられるデータに基づいて作成しております。 しかしながら、昭和電工(株)は、ショウフリー®BATG 使用の結果、あるいはいかなる特許の侵害に対しても責任やリスクを負うものではありません。