チオールエン(硬化剤)"アリル系"として

チオールエン系配合では、(メタ)アクリレート以外に、アリル(例えば、トリアリルイソシアヌレート)、ビニル、不飽和ポリエステル、ポリブタジエンのような種々の樹脂と共に架橋剤として使用できます。
チオールエン系は、従来のUV硬化系と比較して、酸素抑制の影響が少ないこと、低収縮性、柔軟性、深硬化性および高感度などの利点をもたらします。

連鎖移動剤としての特長

[チイルラジカルがアリルに攻撃]
チイルラジカルがアリルに攻撃の図

[連鎖移動反応]
連鎖移動反応の図

  • チオールエン系の図
    チオールエン系:チオールは架橋成分の一つ
  • アクリル系の図
    アクリル系:チオールは硬化助剤
    (アクリル種の自己重合)
反応形態チオールエン系アクリル系
モノマーアリルアクリル
柔軟性△~〇
密着性
透明性
表面硬化性△~〇
硬化収縮小さい大きい

高い液安定性

高い液安定性の図

組成:二重結合 / SH基 = 1 / 1(mol比)

チオールエンの硬化性

空気中でも高い硬化性を示します。

チオールエンの硬化性

実験条件 ・IRG907(1phr) とTPO-L(1phr)を混合
LED-UV(365nm):照度 150mW/cm2
・塗工及び硬化は空気雰囲気下
・二重結合転化率はFT-IRで測定

薄膜から厚膜の整形物、着色された組成物も硬化させることができます。

チオールエンの硬化性

透明性

  • チオールエン光硬化物の図
    チオールエン光硬化物
    PE1 / DAP / IRG184 = 52 / 48 / 0.5
  • アクリル光硬化物の図
    アクリル光硬化物
    TMPTA / IRG184 = 100 / 2

※ここに掲載されている情報は、現時点における真実かつ正確と考えられるデータに基づいて作成しております。しかしながら、昭和電工(株)は、カレンズMT® 使用の結果、あるいはいかなる特許の侵害に対しても責任やリスクを負うものではありません。

※TMPTA:トリメチロールプロパントリアクリレート
 DAIP:ジアリルイソフタレート